【新卒採用ハック】エースは採用でも、エース。

今回の「新卒採用ハック」は割とよく知られているテクニックにも関わらず、実践されている企業さんは少ない印象のハック。


「各部署のエースを、採用プロジェクトに集める」


もちろん採用の実務をやらせるわけではなく、リクルーターや面接官などとして各部署のエース級の人材に協力してもらうわけです。エースですから当然、能力は高く、人間的な魅力もあり、さらに活躍していることから会社の事を肯定的に語ってくれる可能性が高いため、学生を「口説く」「惹きつける」という側面では非常に力を発揮してもらえます。特に営業系のエースであれば、「口説く」のが仕事なので大いに力になってくれます。


実際、弊社のクライアントさんの中にも若手の営業エースを必ず1年、新卒採用専任にしている企業さんもいます。


各部署エース級を直接的な業務ではない採用にアサインするのは生産性が低いと思われるかもしれませんが、いわゆる経営資源の中で「ヒト」だけが費用対効果に大きな振り幅があるある事を考えると、その成果を最大化させるためにエースを起用するのはある意味、当然と言えるのではないでしょうか。


優秀な新卒を採用することは長期的にみれば、短期的な利益には比べられないほど大きなプラスとなるはず。ということで、良かったら参考にしてみてください。


ヒトフレ

「人事や採用担当をフレーフレーと応援するメディア」